ブラッシングや歯間ブラシで歯石を100%除去するのは無理なので

歯ブラシはパッと見は汚くなくても、時間が経つと毛に目に見えない細菌が何億もつきますので、思っている以上に汚いのです。

また、毛が開いてしまうと歯と歯の間に先端が到達しないので、歯石を確実に除去することが出来なくなります。

ハブラシは毛の先端の硬さに相違が色々ありますが、どちらかと言えば普通のを選ぶのが正解です。

リッチなお客をターゲットにして、高品質の歯ブラシも売られていますが、ハブラシには1本にお金を使うのではなく、頻繁に交換するのが最も効果的です。

ハミガキがきちんとできていると歯の再石灰化ができ、虫歯になりにくくなりますので、馬鹿にしないで早めに確実に学習した方がいいです。

糖尿病と歯周病は普通に考えれば何のつながりもありませんが、本当はかなり関わりが高いのです。

糖尿病にかかると体の抵抗力が落ちますので、歯周組織が口の中にいる細菌にたやすく感染し、その結果、歯周病にも簡単にかかってしまうのです。

また、糖尿病の持病のある人は唾液の分泌が不足するので、口の中がアルカリ性になるのが遅く、虫歯になりやすいというわけです。

糖尿持ちの歯周病患者に治療をすると、血糖値が改善することがありますので、ここから歯周病が糖尿病悪化の原因ではないかと考えられているのです。

高血糖は、糖尿病が進行していない限り自覚することができませんので、糖尿病にかかっているということに気付けない人がほとんどですが、歯の定期検診によって血糖値が異常であることに知ることができるのです。

糖尿病に限った話ではなく、口の中の健康は体全体の健康に関連性があるという意見もあるので、ブラッシングは丁寧にしましょう。

歯磨き粉を選ぶ時は、発泡剤が不使用と明記されているものが良いです。

発泡剤が使用された歯磨き粉で歯を磨くと、歯を磨いた時に泡で口の中がいっぱいになるため、歯を磨いた気になるわけですが、それはあくまで気の所為です。
コンブチャ

かえって泡で口の中が満たされることによって歯の汚れが全然見えないので、汚れを落とすべきところをきちんと磨けないという欠点があるのです。

ブラッシングは口腔環境を改善することがゴールですから、その邪魔になるようなものが含まれている歯磨き粉が不適切なものであることは明らかです。

歯磨き剤の材料には様々なものが使われていますが、良くない成分としてはコレ以外に研磨剤も良く言われます。

研磨剤は見えないレベルで歯を削ってしまうので、目先には歯が白くなったような、長期的には人目につく箇所に着色してしまう原因になります。

自分の家で自力で行うホームホワイトニングという方法もあります

発泡剤入りの歯磨き粉をおすすめしない理由は、歯を磨いた時に口の中が泡立つため、しっかり歯を磨けたという気分になるのですが、それは正確な理解ではありません。

かえって泡が立つことによって歯の汚れがどこだか分からず、汚れを落とすべきところを確実に磨けないというマイナス点があるのです。

ブラッシングは口の中をきれいにすることが目的ですから、その邪魔になるようなものが含まれている歯磨き粉が良いものでないことは明白なのです。

歯磨き剤の材料には色々なものがありますが、歯科医がすすめないものとしてこの他に研磨剤も良く言われます。

研磨剤は見えないレベルで歯を削ってしまうので、目先には歯がきれいになったような、長い目で見れば歯の表面に色がついてしまうきっかけになるわけです。

歯磨き剤は不要だと力説する歯医者さんもいるくらいなので、少なくとも不十分な知識で選ぶのはやめましょう。

歯周病とは、歯石に棲みついているストレプトコッカス・ミュータンス菌がもとになって歯茎に炎症が生じ、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病をきっかけとして歯を失うことにもつながります。

大人の口内には200種類~500種類の細菌がいますが、細菌が固まると歯垢から歯石となり、やがて歯肉に炎症を引き起こすのです。

歯周病の原因は不十分な歯磨き以外にもたくさんあり、タバコ、食生活、歯ぎしり、骨粗鬆症、ストレスの高い生活、薬の長期服用などです。
ワキガ デオドラント

歯周病は医学の進歩で可能になってきましたが、いずれにしてもまだ完治とはいかないので、基本的には予防するつもりでいることが必要です。

そのため、口腔疾患は、まずは歯磨きがすべてと言っても過言ではありませんので、歯科医院で歯磨きをちゃんと指導してもらい、絶対に未然に予防できるよう意識すべきです。

歯磨き粉を選ぶ時は、発泡剤が不使用と明記されているものが望ましいです。

発泡剤が入っていると、歯を磨いた時に口の中が泡立つため、しっかり歯を磨けたという気分になるのですが、それは残念ながら間違いです。

かえって口の中が泡でいっぱいになることで口の中の状態がわかりづらくなり、清掃するところをちゃんと磨くことができないという欠点があるからです。

歯磨きは口腔環境を改善することが目標なので、その邪魔になるようなものが入っている歯磨き粉が不適切なものであることは明白なのです。

歯磨き剤の材料には様々なものが使われていますが、良くない成分としてはこの他に研磨剤も良く取り上げられます。

これが出来ないと口腔疾患の一因となり

なぜなら、歯周病になっていても自分ではわかりづらく、自分で気付くことはまれだからというのが理由です。

また、歯磨きだけで歯垢や歯石を完全に取り除くことは難しいので、歯医者さんにやってもらうべきですが、これを理解している人は4割もいないので、歯医者さんも儲かります。

歯医者での初診時は、歯の周りのレントゲンを撮ることが普通なのですが、これは触診だと十分に分からない顎の骨の状態などを把握するために行っているのです。

歯の健康診断はお金のムダと思っているでしょうが、虫歯がいつの間にか進行して歯がダメになり、入れ歯になるよりはなってもいいのでしょうか。

定期検診は年に1回から2回は行って、通い慣れた歯医者を作ってデータを蓄積しておいてもらって、歯の健康管理をしてもらいましょう。

歯磨き粉を選ぶ時は、発泡剤が不使用と明記されているものが良いです。

発泡剤が入っていると、歯を磨いた時に口の中が泡立つため、しっかり歯を磨けたという気分になるのですが、それは残念ながら間違いです。

むしろ、泡が立つことによって歯の汚れが全然見えないので、汚れを落とすべきところをちゃんと磨けないという欠点があるからです。

ブラッシングは歯石の除去が目標なので、その目的に対して悪影響を与えるものが成分として使われてる歯磨き粉がおすすめできないのははっきりしています。

歯磨き粉の原料には様々なものが使われていますが、歯科医がすすめないものとしてこの他に研磨剤も良く取り上げられます。
はぴーと

研磨剤は少しずつ歯を削ってしまうので、一時的に歯がツルツルになったような、使い続けると歯に着色してしまう理由になるのです。

歯磨き剤はなくても大丈夫だと解説する歯医者の方が多いので、最低限、不十分な知識で勝手に選ぶのはおすすめできません。

糖尿病と歯周病は素人目には全く関連性がありませんが、実際は密接なつながりがあるのです。

糖尿病になると体の抵抗力が低下するので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌に感染しやすくなり、その結果として歯周病にもなるというメカニズムです。

また、糖尿の人は唾液が普通の人よりも少ないので、口腔内の酸が減らないので、虫歯や歯周病を引き起こしやすいわけです。

糖尿持ちの歯周病患者に治療をすると、血糖値が通常よりも下がることがあるので、ここから歯周病が糖尿病を悪化させるのではないかと推測されています。

血糖値が高くても自覚症状がありませんので、糖尿病に罹患していても気付いていない患者が多いのですが、歯科での検診がきっかけで血糖値が高いことに気付くことが珍しくありません。

ホワイトニングはプロにやってもらうという方法というやり方もあるのですが

歯ブラシは見た目には汚れていなくても、時間が経過することで毛の先端に目に見えない細菌が何億も付着するので、案外汚いのです。

また、毛先が開いた状態だと歯と歯の間に毛先が届かないので、食べかすを確実に落とすことが出来ないのです。

歯ブラシは毛先のやわらかさに違いがありますが、どちらかと言えば硬め選択するのが正解です。

お金持ちのお客さんを狙って、品質の良い歯ブラシも販売されていますが、ハブラシには1本にお金をかけすぎるのではなく、頻繁に替えていくのが一番いいです。

歯磨きが正しくできれば歯の再石灰化がうまくいき、虫歯になりにくくなりますので、馬鹿にしないで早めにちゃんと勉強しておきましょう。

歯みがきの方法に自信は持っていますか?歯磨きは、これから言う3つの点に考慮する必要性が有ります。

まず、歯ブラシの毛の先端を歯と歯茎のつなぎめや、歯と歯の間のところに確実に当て、確実にブラッシングをして歯垢を掻き出すことが必要です。

次に、歯ブラシを握る手に気合が入りすぎてはダメなので、120g~200gくらいのわずかな力で歯ブラシの先端が広がらない程度にしてください。

最後は歯ブラシを小さく振動させ、歯を1本1本確実に磨いていくことのようです。

ハミガキの理由は色々ありますが、一番の理由は食べかすを口内から除去することで、これができませんと口腔疾患の一因となり、90歳で22本以上の歯を維持するのは無理です。

歯垢は水に溶けず、くっつく力があるために洗口では除去が不可能ですので、歯間ブラシがどのくらい正しく出来ているかが決め手になるのです。
ゼクシィ縁結び

フッ素を用いた歯磨き剤を息子に使わせるのは危険じゃないの?と気を揉む親が多くいます。

その理由は、フッ素を大量に取り込むと、斑状歯や骨硬化症などの症状が出てくるかもしれないから、みたいです。

フッ素は、一定の量を超えるような異常なフッ化物の含有量が認められる水分を飲むことで、健康に悪影響が出る危険性があるのは、海外でも周知事項です。

ですから、言い換えれば、歯磨き剤から取り入れる程度の量であれば、過剰に考えすぎる必要性はないというのがノーマルな考え方心配しないでいいですよ。

むしろ、フッ素を使用しているのが理由で、うっかり厳しくしないでしまい、おやつに甘いものを多めに与える方がよっぽど問題があります。

歯医者に時々自分の歯を診てもらうのは、死ぬまで自分の歯で食べたいならとても大事です。

糖尿病が進行していない限り自覚することができませんので

歯を白くしたいと思っている人が検討する方法の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングはすべて歯医者さんにおまかせというのが基本と言えば基本ですが、自宅で行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを1人1人に合わせて作り、そこに薬剤を入れたものを毎日3時間くらい装着することで実行します。

ホワイトニングは、だいたい20日くらいで効果を実感することができるのが普通ですが、毎日マウスピースを使っていなかったり、ちゃんとはめていなかったりすれば、効果が出ないこともあります。

ホワイトニングで得られる白さの段階は期待を超える場合が多いですが、明石家さんまみたいにありえないほどきれいになることは期待してもそこまで到達しません。

なお、薬剤の原料は健康への悪影響はありませんが、アレルギー体質のような人の場合はパッチテストが必要なので、あらかじめ歯科医師に伝えておきましょう。

歯周病と糖尿病は素人目には全く関連性がありませんが、実際は密接なつながりがあるのです。

糖尿病になると体の抵抗力が落ちますので、口腔内にいる細菌に歯周組織が容易に感染するようになり、その結果、歯周病にもなるというメカニズムです。

また、糖尿病の患者は唾液が普通の人よりも少ないので、口の中の状態をアルカリ性に中和する作用が弱くなり、虫歯や歯周病になりやすいのです。

糖尿持ちの歯周病患者に治療をすると、血糖値が改善することがありますので、これを根拠として歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと考えられているのです。

高血糖は自分では分かりませんので、自分が糖尿病であることに気付いていない患者が多いのですが、歯周病と診断されたことで糖尿病の可能性に知ることができるのです。

糖尿病に限った話ではなく、口腔内の状態は全身の状態に直結しているという考え方もあるくらいですから、口腔ケアは正しく行いましょう。

フッ素の入った歯磨き剤を息子に用いるのは危険ではないか、と悩む親がいるとのことです。

そのワケは、フッ素を過剰に摂ると、斑状歯や骨硬化症などの病状が生じるかもしれないので、らしいです。
スマートビークル

フッ素は、常識を大きく超過する大量のフッ化物の含有量が認められる飲料を飲んだら、歯に悪い効果が生じる危険性があるのは、お医者さんの周知事項です。

つまり、換言すると、歯磨き剤から取り入れるくらいの量であれば、過剰に気を揉むことはないというのが普通ですから心配しないで大丈夫です。

血糖値が改善することがありますので

歯磨き剤の材料には多くのものがありますが、おすすめできないものはこの他に研磨剤もその1つとして指摘されています。

研磨剤は見えないレベルで歯を削ってしまうので、一時的に歯がきれいになったような、ずっと続けていると歯に白以外の色がつくきっかけになるわけです。

歯磨き粉はなくても大丈夫だと解説する歯医者が大多数なので、少なくともイメージだけで決めつけるのは良くないです。

定期的に歯科健診を受診することは、死ぬまで自分の歯で食べたいならとても大事です。

その理由ですが、歯周病になっていても自分ではわかりづらく、気づかないうちに進行するからというのが理由です。

また、ブラッシングや歯間ブラシで歯石を完璧にきれいにすることは素人には不可能なので、歯医者さんにやってもらうべきですが、ちゃんと分かっている人は20%もいないので、歯医者さんも儲かります。

初めてかかる歯科ですと、わざわざレントゲンを撮ることが一般的ですが、これは肉眼では見えない体の内部の状態を見るために行うものです。

定期的に検診を受けるのは面倒に感じるかもしれませんが、初期の虫歯に気づかず虫歯がどんどん進行してしまい、インプラントなどを利用するよりはずっとマシです。

定期検診は思い出した時には必ず受け、いつもの歯科を決めて歯医者さんに覚えてもらって、虫歯を作らないようにするべきです。

ハミガキはブラッシングに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシ同時に使うことが大事です。

あるデータによれば、ブラッシングのみだと7割弱しか落とせないのに対し、歯間ブラシを併用すると8割以上まで増加すると分かっています。

歯垢にはストレプトコッカス・ミュータンス菌が棲みついていますので、確実に取り除くことが出来ていませんと、そこから出た酸が歯のエナメル質を削ってしまい虫歯が出来て痛い思いをするのです。

デンタルフロスの活用には勉強が要りますので、自信がないなら歯医者に行った時に指導してもらうべきです。

就寝前は歯磨きによって歯の汚れをちゃんと取り除くことが肝心なのですが、深夜は唾液の分泌が減る時間なので、細菌が繁殖しやすい。
アイキララ 口コミ

ブラッシングを指導してくれる歯医者は予防歯科などの言葉をホームページのTOPに書いてあるのが一般的です。

歯周病とは、歯垢に棲みつく細菌が原因で歯茎に炎症が起き、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病のせいで歯を失うことにもつながります。

時間が経つと毛先に細菌が無数につくので

腋臭はこれらの汗腺のうち、アポクリン腺から出る汗のみが原因になります。

エクリン腺から出る汗はサラサラした良い汗で、臭いはありません。

岩盤浴で出る汗と同じです。わきがの臭いは強いですが、ダイエットが原因で、それに近い臭いが出ることがあります。

これは「ダイエット臭」と呼ばれますが、ダイエットをしている人は中性脂肪が燃焼される傾向にあるので、その時に生じるケトン体という物質が臭いのもとになるようです。

食事制限だけの極端なダイエットではなく、運動を並行して行うことで、ケトン体由来の臭いを防ぐことがある程度できるようです。

腋臭(わきが)で悩んでクリームを買うなら、保湿力があるものを選んだ方がいいですよ。

わきがの対策として制汗剤やデオドラント剤を使うと、脇の下の保湿性が損なわれることがあります。

安い原価でそこまでできないのかもしれません。高価なクリームなら、保湿力もあることが多く、保湿力をアピールできる製品になっていることが多いです。

脇の下から出る汗は、エクリン腺という汗腺とアポクリン腺という汗腺の2つから出ています。

腋臭はこれらの汗腺のうち、アポクリン腺から出る汗のみが原因になります。

エクリン腺から出る方の汗は臭いを発生させないのです。岩盤浴を経験したことがあれば分かりますよね。

腋臭のクリームは多くの成分が含まれているので、アレルギーがあるなら添加物の有無を確認しましょう。

販売サイトに無添加と書かれているかどうか、きちんと確認しておかなくてはなりません。

メーカーによってはモニターに対するパッチテストを行って、アレルギーの問題が起きないことを確かめて販売しています。

自分の汗臭さを実感した時、自分はワキガかもと思ったことがあるかもしれません。

イヤなニオイを自覚する時があっても、「わきが」というのはかなり程度の強いものなので、そうではない人の方が多いです。

ニオイが全くない人はいませんし、汗をかけば誰でもニオイは出るものですよね。
美甘麗茶

心配しすぎの人は自己臭症と診断されることもありますので、医師ならきちんと臭いの程度を客観的に診断してくれますので、受診してみましょう。

自分がわきがかどうか気になりますか?自分で確かめる方法があります。

自分の臭いは自分で気づきにくいものなので、臭いだけで判断できません。

それで、着ている下着に黄ばみがあるか、血縁者にわきがの人がいたり、耳垢がキャラメルのようになっていないか、これら3点が自己診断の基準として有名です。

アレルギーを持っているような人の場合は万が一がないとは言い切れませんので

歯磨き粉の成分には様々なものが使われていますが、おすすめできないものはこの他に研磨剤も良く取り上げられます。

研磨剤は少しずつ歯を削ってしまうので、一時的に歯がきれいになったような、長い目で見れば歯に白以外の色がつく理由になるのです。

歯磨き粉はなくても大丈夫だと解説する歯医者さんもいるくらいなので、少なくとも不十分な知識で判断するのはやめた方がいいです。

定期的に歯科健診を受診することは、死ぬまで自分の歯で食べたいならとても大事です。

なぜなら、初期の虫歯や歯周病は自分ではわかりづらく、気づかないうちに進行するからなのです。

また、ブラッシングや歯間ブラシで歯石を完璧にきれいにすることは素人には不可能なので、歯科で取ってもらう必要がありますが、このことを知っている人は20%もいないようで、歯医者さんも頭を抱えています。

初診の歯科では、わざわざレントゲンを撮ることが一般的ですが、これは肉眼では見えない体の内部の状態を見るために行うものです。

歯医者の定期検診なんて面倒に感じるかもしれませんが、初期の虫歯に気づかず虫歯がどんどん進行してしまい、リカルデントのお世話になるよりはずっとマシです。

歯科での定期検診は思い出した時には必ず受け、いつもの歯科を決めて歯医者さんに覚えてもらって、口腔内の健康を保ちましょう。

フッ素入りの歯磨き粉を息子に使わせるのは危険ではないか、と悩む母親がいるとのことです。

理由ですが、フッ素を大量に摂取すると、斑状歯や骨硬化症と言った病変が生じるかもしれないから、とのことです。

フッ素は、基準値を超える多量のフッ化物を含んでいる水を飲んだことで、歯に悪影響が出る可能性があるのは、世界での統一見解です。

ですから、換言するなら、歯磨き剤から取り込むくらいの量だとしたら、過剰に気にすることはないというのが普通ですから心配しないでいいですよ。

逆に、フッ素を使っているのが言い訳になり、つい厳しくしないでしまい、デザートに甘美な食べ物をたくさん食べさせてしまう方が危険です。
ブロリコ

ハブラシの交換をする間隔は人それぞれですが、歯科衛生士が推奨している間隔は意外と短く、2ヶ月くらいです。

歯ブラシは見た目には汚れていなくても、時間が経つことで毛に細菌がたくさんつきますので、素人の想像を越えて不潔なのです。

また、毛の先端が開いてしまうと歯と歯の隙間にブラシが到達しなくなり、歯垢をきれいに取り除くことが不可能になるのです。

フッ素を過剰に摂ると

わきがのニオイはアポクリン腺から出る汗に皮脂やタンパク質が含まれていて、それが皮膚にいる常在菌などによって分解されることが原因なので、生じた汗をちゃんと拭き取ってしまうことで、ワキガ臭を少しでも減らすことができるということは、分かりますよね。

ワキガ(腋臭)で悩んでクリームを使うなら、無香料のものを選ぶのが無難です。

ワキガの臭いを何とかしたくて香水をたくさんつけて誤魔化したつもりかもしれませんが、香水とわきがのにおいが合体してしまい、かえってキツい臭いになってしまうことがあります。

そのため、クリーム自体に香りの成分が含まれていないものをできるだけ選びましょう。

ワキの汗は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺が発生源となっています。

ワキガの臭いは、これらのうちアポクリン腺から出る汗の方です。

エクリン腺から出る汗はサラサラした良い汗で、臭いはありません。

岩盤浴を経験したことがあれば分かりますよね。ダイエットをしている人は多いでしょうが、わきがに近い体臭が出ることがあります。

これを俗に「ダイエット臭」と言うようですが、ダイエットの効果として中性脂肪が燃焼されて、その時に生じるケトン体という物質が臭いのもとになるようです。

食事制限だけのダイエットにせず、運動療法を加えることで、ダイエット臭が発生しなくなるようにした方がいいですね。

ワキガ対策でクリームを使おうと思うなら、選ぶ時に無香料のものを探しましょう。

わきがのニオイを消そうと思って香水をつけた経験のある人は多いでしょうが、香水そのものの香りがワキガのニオイと合わさって、むしろもっと臭いが強くなってしまいます。
ノアンデ

その視点から、クリームそのものに香り成分が入っていないものを選ぶことが必要です。

腋臭(わきが)で悩んでクリームを買うなら、保湿力があるものを選んだ方がいいですよ。

わきがの対策として制汗剤やデオドラント剤を使うと、ワキが乾燥してしまいかねません。

安い製品は、どうしても保湿性まで気がまわらないのかもしれません。

高価なクリームなら、保湿力もあることが多く、保湿力をアピールできる製品になっていることが多いです。

わきが用クリームを選ぶ時、容器のデザインを考慮しておいた方が良いです。

腋臭がきつい人だと、朝のお出かけ前にクリームを1度塗ったくらいでは、夜をむかえる前に、十分な結果が得られなくなることがあります。

その時は、トイレなどで塗り直すことがあるでしょうが、ポーチから取り出すとき、腋臭クリーム丸出しのデザインだったら他人にバレますよね。

と考える父親がいるとのことです

歯医者の定期検診なんてお金のムダと思っているでしょうが、虫歯の治療をせずに歯に穴が開いてしまい、入れ歯になるよりは良いと思うのですが、いかがですか。

歯の健康診断は最低でも半年に1回くらいは受け、かかりつけの歯科を決めることでデータを蓄積しておいてもらって、虫歯が出来ても初期のうちに治療すべきです。

面倒でも歯医者に通うのは、死ぬまで自分の歯で食べたいならとても大事です。

なぜかと言うと、歯周病になっていても痛みがほとんどないため、自分では自覚できないからです。

また、歯磨きだけで歯垢や歯石を完璧にきれいにすることは素人には不可能なので、歯科で取ってもらう必要がありますが、これを理解している人は20%もいないようです。

初めてかかる歯科ですと、レントゲン撮影をすることが多いのですが、これはレントゲンでないと確認できない骨の健康状態を確認するためのものです。

半年に一度、歯科検診を受けるのは不要なんじゃない?と思っているかもしれませんが、虫歯がいつの間にか進行して歯がダメになり、インプラントなどを利用するよりは良いのではないでしょうか。

定期検診は思い出した時には必ず受け、通い慣れた歯医者を作ってカルテを保存しておいてもらい、虫歯が出来ても初期のうちに治療すべきです。

歯磨き剤を買う基準の1つとして、発泡剤が使われていないものを選ぶのが理想です。

発泡剤が入っていると、歯磨きの最中に口の中が泡立つため、歯を磨いた気になるわけですが、それは残念ながら間違いです。

むしろ、泡が立つことによって口の中の状態がわかりづらくなり、清掃するところをきちんと磨くことができないというマイナス点があるのです。

歯磨きは口腔環境を改善することがゴールですから、その障害に成分として使われてる歯磨き粉が歯医者さんからOKされないのは仕方ないです。
カイテキオリゴ

歯磨き粉の成分には色々なものがありますが、おすすめできないものはその他に研磨剤も良く取り上げられます。

研磨剤は歯を薄くですが削ってしまうので、短期的には歯がきれいになったような、ずっと続けていると歯の表面に白以外の色がつく理由になるのです。

歯磨き粉はなくても大丈夫だと解説する歯医者さんもいるくらいなので、少なくとも先入観だけで勝手に選ぶのはおすすめできません。

歯ブラシの取替ををする期間は人それぞれですが、歯科医が良いと考える期間は結構短く、1ヶ月程なのです。

ハブラシは見た目にはきれいでも、時が経過すると毛の先端に目に見えない細菌がたくさん付着するので、思っている以上に不衛生なのです。